ウォーターサーバーで快適ライフ

HOME >>  ウォーターサーバーのこと > 備蓄水としても安心

備蓄水としても安心

東日本大震災の時ほど、水のありがたさを実感したことはありませんでした。
普段からペットボトルの水を備蓄していても、1本2リットルのペットボトルを1~2箱程度の備蓄だった家庭がほとんどで、家族4人で使うとしたらあっという間です。
ミネラルウォーターは体によいという意味でペットボトルの水を購入していても、いざ災害用の備蓄水と考えるとまったく足りません。

震災から数日間は、非常に心細い経験をされた方も多いのではないでしょうか。
慌てて近所のスーパーやコンビニを回っても同じことを考える方が多く、すぐに売り切れて入手できなかったという話がありました。
また、インターネットで購入するにしても配達までに数日かかる上、震災の影響でさらに時間がかかるといった状態でした。
その後、ウォーターサーバーの契約が急激に増えたというのも頷けます。

ウォーターサーバーなら1本のボトルに12リットルほどの水が入っていることが多く、それを家族の人数や使用量によって配達本数を契約できますから、万が一の備蓄水としても大変安心です。
ウォーターサーバーはコストがかかるのでは?という懸念も、今では500mlペットボトル1本分の料金に換算すると、47~87円ほどの間ですから非常にお手頃な価格といえます。

水は生活の中で欠かせませんが、備蓄水ともあわせて考えると、毎週契約通りに配達してもらえることや、低コストで済むこと、さらに重いペットボトルをその都度持ち帰らなくてもよいことは大きなメリットです。
いくら安かったからといって、大量のペットボトルを買い込んで持ち帰るのは大変ですし、荷物が多いときや雨の日を考えたら配達してもらえるのが一番でしょう。
インターネットで検索しながら最安値をみつけて購入しようか迷う手間がかかるくらいなら、ウォーターサーバーを契約した方がお手軽です。